第1回〜Claris ConnectとBoxの連携〜

今回の開発者ブログは Claris Connect を使ってBoxと FileMaker の連携を紹介していきます。

Boxとは

Boxは米国の会社でセキュアなコンテンツ管理のサービスを提供しているSaaSです。主な機能としては、ファイルの保存とファイルの社内外とのコミュニケーションができます。

BoxはIndividualプランとBusinessプランがあります。IndividualプランにIndividualとPersonal Proがあります。下記は一部の比較になります。(2021年6月の時点)(*1)

プラン名IndividualPersonal Pro
月額無料1,200円
ストレージ容量上限10GB100GB
ファイルアップロード上限250MB5GB
バージョン履歴110

Businessプランに4つがあります。下記は一部の比較になります。(2021年6月の時点)(*1)

Business以上のプランになると保存できる容量の制限がなくなり、人気のあるBusiness Plusプランでは、外部のコラボレータ(社外の利用者とのファイル共有)の上限数も無くなり、社外をまたぐプロジェクト管理等も可能になります。

プラン名StarterBusinessBusiness PlusEnterprise
月額550円1,800円3,000円4,200円
ストレージ容量上限100GB上限なし上限なし上限なし
ファイルアップロード上限2GB5GB15GB15GB
バージョン履歴255050100
外部のコラボレータ有料アカウントのみ有料アカウントのみ上限なし上限なし
APIコール(月間)25,00050,00050,000100,000

Boxとの連携方法

Boxの連携方法は基本API連携になります。 FileMaker の世界ではURLから挿入(curlオプション)と Claris Connect で連携することになります。

Claris Connect で連携する際に注意点は下記になります。

  • Boxのアカウントが必要です。

FileMaker の使用必要な場合

  • FileMaker 上にレコードを編集したい場合は FileMaker DataAPI の使用が必要です。
  • FileMaker Server にホストしていることが必要です。
  • fmrestという拡張アクセス権が有効しています。
  • FileMaker バージョン16以上(curlオプションの対応)

プランによってできることが制限されていますので、連携する際には注意が必要です。

プラン無料プラン(Individualプラン)有料プラン(Individualプラン以外)
ダイレクトリンクのシェア不可
BoxのFileUploadのトリガーの使用できないできます

フローの詳細

今回は Claris Connect での連携方法を紹介したいと思います。

Box上のファイルにコメントが追加されたら、その追加内容を FileMaker 側にレコードが作成されます。

手順は下記になります。

  1. 新規プロジェクトの作成
  1. プロジェクト名を設定します。4文字以上になります。
  1. 新規フローの作成。
  1. フロー名を指定します。プロジェクト名と同じ、4文字以上になります。
  1. トリガーを選択します。「i」マークをクリックしたらそのサービスに対応されているトリガーとアクションを確認できます。
  1. 今回はBoxの「Comment added」を選択します。
  1. ファイルを指定したら「Save Trigger」でステップを保存します。
  1. ステップ2は「 Claris FileMaker Server 」を選択します。
  2. 「Create record」を選択します。
  1. 「Connect New Claris FileMaker Server Account」でログインします。
  1. ドメイン名、ユーザ名、パスワード、ファイル名を入力します。そのアカウントはfmrestの有効化が必須です。
  1. サインインできたら、「Continue」を押します。
  1. レイアウトを選択します。必要なフィールドは必ずそのレイアウト上に置きます。
  1. 「+」ボタンを押したら過去のステップの値を取得することが可能です。
  1. 今回はsource.messageを取得します。
  1. 確認できたら「Save」を押します。
  2. 最後にフローを有効化します。
  1. Box側に「テスト1」というコメントを追加します。
  1. FileMaker に新規レコードの作成とコメントを確認できました。

まとめ

今回は Claris Connect でBoxと FileMaker との連携を簡単に作成することができました。 Claris Connect では対応済のAPIであれば、手軽にSaas間のデータ連携を行うことができます。

今回の記事では紹介していませんが、以前検証したboxにファイルをアップロードしたら、 FileMaker 側のレコードとして、ファイル共有のURLを作成することもできます。

また、boxの有償プランでは、アップロードしたPDFの文字をテキスト化するOCR機能あるため、これらの機能活用することで、アップロードされたPDFのテキストを FileMaker のデータとして保存し、活用すると言ったことも可能になります。

FileMaker のみでは実現が難しい機能を Claris Connect とSaasを組み合わせることで、契約書、画像の管理がより高度な管理が可能なります。ぜひ、興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

次回は弊社で試したAsanaにについて順次、説明していきたいと思います。

参考:

  1. Boxのプランについて:https://www.box.com/ja-jp/pricing

サム

香港出身。2015年 FileMaker と出会いました。2016年にインハウスとして FileMaker のシステムの保守の仕事をしていました。2018年6月からサポータスに転職し本格的に開発者としての道を歩みます。勉強中の言語やフレームワーク:JavaScript、Swift、React。趣味はジョーキング、ゲーム、プログラミングです。

ロゴ:Claris Partner PLATINUM
Claris パートナーの中でも最上位のPLATINUMレベルメンバーとして、Claris FileMaker を活用したソリューションを提供いたします。
FileMaker 、ファイルメーカー、 FileMaker Cloud 、 FileMaker Go およびファイルフォルダロゴは、
Claris International Inc. (旧 FileMaker, Inc.)の米国および/またはその他の国における登録商標です。
ボタン:ページトップへ