第0回〜Claris Connectを使ってみよう〜|サポータス開発者ブログ

Claris Connectの概要

iPaaSとは


ClarisClairs Connect は「iPaaS」の一種です。「iPaaS」とは、iPaaS(integration Platform-as-a-Service)は異なるアプリケーション同士のデータを統合したり、システムを連携するクラウドサービス(*1)です。

読み方は「アイパース」です。iPaaSができることはクラウド、オンプレミス、さらにはデバイス上で、様々なアプリケーションを統合して自動化が可能するサービスです。

開発された背景

「iPaaS」が開発された背景はSaaSが流行し、色々なサービスが増えているためと考えられます。「SaaS」とはSoftware as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」の略(*2)で、クラウドで提供されるソフトウェアのことです。ソフトウェアをインストールするのではなく、ベンダー側でソフトウェアを稼働させ、ユーザーはネットワーク経由でソフトウェアを活用することです。

様々なSaaSを利用して業務を行うことが可能になりましたが、SaaS間のデータ連携して、必要なデータを集約する、もしくは分析等が必要となりますが、SaaS同士のデータ連携機能を自分で作るには高度な知識、経験、時間、資金が必要となります。「iPaaS」があればSaaS同士のデータ連携を費用等を抑えながら可能になります。

Saasの市場規模

SaaS比較サイト「BOXIL(ボクシル)」のレポート「SaaS業界レポート2020」(*3)を見ると、国内のSaasの市場規模は大幅に上昇しています。2019年の43.9%から2024年に56.2%にあげられるように予測されました。Saasの市場は拡大しているように見えます。

(参照:スマートキャンプ「SaaS業界レポート2020」)

2020年のカオスマップは、種類によって記載が分かれていますが、国内は100社以上SaaSのサービスが存在しています。下記は、コラボレーションのカオスマップとなります。

(参照:スマートキャンプ「SaaS業界レポート2020」)

他社サービスとの比較

Claris Connectに四つのプランがあります。Developer、FileMaker Plus、スタンダードプランとライトプランです。下記の表はZapierのプラン(一番近いプラン:チーム)との比較になります。稼働フロー上限数はライトプラン以外は無制限になります。

APIリクエスト数はプランによって異なりますが、接続可能なApp数は無制限です。2021年5月の時点でClaris Connectが対応しているサービスは56です。

Zapierに関しては、連携できるサービスは2000以上ですが、更新間隔は1分になります。それ以外、バーションコントロールもできません。

サービス名Claris ConnectZapier
価格(月間)Developer
年間:27,060円
(月額: 2,255円)
FileMaker Plus
年間:67,716円
(月額: 5643円)
スタンダード プラン
年間:337,260円
(月額: 28,105円)
ライト プラン
年間:134,112円
(月額: 11,176円)
チーム:
年間:約430,020円
(月額:約35,835円)
月払:53,780円
契約期間年間一括年間も月払いも可能
稼動フロー上限数無制限無制限無制限15無制限
APIリクエスト(月間)50010,00050,00010,00050,000
接続可能なApp数無制限
更新間隔なし1分
連携できるデータベースサーバFileMaker Server 18.x、FileMaker Cloud 2.0、MySQL 8.x、MS SQL Server、MySQL ServerSQL Server、MySQL、PostgreSQL
強みFileMaker と連携できます。連携できるサービス:> 2000
バージョンコントロールプランによってフロー数が制限されないです。
WebhookがサポートされているAPIは連携可能です。無料プランがあります。
ユーティリティ機能
(承認、スケジュールなど)
弱み連携できるサービス:~56 (2021年5月の時点)FileMaker と連携できない。
無料プランはありません。バージョンコントロールなし

まとめ

Claris Connectの強みは、FileMaker 、FileMaker Cloud、FileMaker Server(Claris社の製品)との連携、Webhook機能、更新間隔を最小限で実行できる点です。これは他のSaaSでは実現が難しいところかもしれません。

次回から弊社で試したフローについて順次、説明していきたいと思います。

参考:

  1. 【 やさしく解説】iPaaSとは?なぜ注目されているのか?:https://saas-search.jp/journal/ipaas/#outline__2
  2. 《図解》いまさら聞けないクラウド用語: SaaS、PaaS、IaaSってどういう意味?そしてその違いとは?:https://data.wingarc.com/saas-paas-iaas-11087
  3. SaaS業界レポート2020 by BOXIL SaaS p18, 24

サム

香港出身。2015年 FileMaker と出会いました。2016年にインハウスとして FileMaker のシステムの保守の仕事をしていました。2018年6月からサポータスに転職し本格的に開発者としての道を歩みます。勉強中の言語やフレームワーク:JavaScript、Swift、React。趣味はジョーキング、ゲーム、プログラミングです。

ロゴ:Claris Partner PLATINUM
Claris パートナーの中でも最上位のPLATINUMレベルメンバーとして、Claris FileMaker を活用したソリューションを提供いたします。
FileMaker 、ファイルメーカー、 FileMaker Cloud 、 FileMaker Go およびファイルフォルダロゴは、
Claris International Inc. (旧 FileMaker, Inc.)の米国および/またはその他の国における登録商標です。
ボタン:ページトップへ