株式会社皆伸社様 導入事例

株式会社皆伸社様

ご担当者お名前:代表取締役 関根氏
業種:印刷業
従業員数:35人
課題:印刷機器の運用効率化と稼働状況の見える化
導入の背景印刷工程管理をすべて紙ベースで管理して、現在の印刷進捗状況が把握しにく、最終的な集計ができなかった。
導入の決め手iPadとラベルプリンターを活用して全てがデータベースに蓄積されて、導入後の機能追加なども対応してくれること。
導入後の効果年間の上り数量、ロス数量の見える化を達成。作業者に対して不良に対する意識や今後の対策、クレーム発生時の情報検索などの傾向と対策に活用する事ができた!
導入の背景

同業他社でみた FileMaker システムに活路を見出した

今までは印刷工程管理をすべて紙ベースで管理して、全体的の印刷進捗状況が把握しにくく工程管理の改善に繋がらなかったことに課題を感じ、管理するためのシステムを探していたところ、協力会社である同業他社で使用していた FileMaker で作られたシステムを見てぜひ当社でも導入したいとサポータスにまずは連絡してみました。
導入の決め手

要望を叶えるシステム開発に期待

連絡し相談したところ、コンサルタントの方より具体的なご提案を頂き、当社が抱えていた以下、要望を全て網羅できるとのことで導入を決めました。 

開発要望一覧

  • 紙ベースで管理している作業記録をデジタルへ置き換えたい。
  • 印刷物の上り数量の把握したい。
  • 不良数量がどの位発生するのかの把握したい。
  • 事務所と工場を往復している時間を省きたい。
  • 印刷物を次工程に渡す際の情報共有化をしたい。
  • 出荷する製品にラベルを貼り、出荷ミスをなくしたい。
導入後の効果①

・システムに作業記録を登録する事で紙を出す必要が無くなった。
・現在行っている作業の状況把握が事務所でも可能となった。
・商品管理が安易になった。
・社長が行っていた事務作業を分散させる事ができた。
・製品に対してラベルを貼る事で情報表記の統一化ができた。
 出荷前の確認、出荷先ミスによる事故を防ぐことができた。
・次工程(スリット・検品)への情報共有が可能となり、進捗具合も把握できた。
・年間の上り数量、ロス数量の見える化を達成。作業者に対して不良に対する意識や今後の対策、クレーム発生時の情報検索などの傾向と対策に活用する事ができた。

導入後の効果②

印刷した製品を出荷する際に、今までは手書きで商品名、印刷ロールNo、印刷上り数量、刷り出しだし方向などの情報を記載していましたが、iPadからボタンを押すだけでラベルシールが出力できるようになりました。
今までの手書きでは、作業者の書き方の違いや書き漏れ、書かれた字が読めない事もあり、書いた本人に確認するという事が発生していただが、ラベル1枚に対して必要な情報を収め、会社フォーマットとして統一を図ったことで、そのような無駄なことが一切なくなり、製品の出荷作業での確認者の負担も減り、出荷先に間違った製品を送る発送ミスを防ぐことができています。

今後期待すること

さらなる業務効率化に向けて改善を続けたい

今回システム導入したことにより、データベースに印刷情報が蓄積されているので、今度はそのデータを活用して印刷の効率的な配分に活かしたり、売上データの分析などに繋げていきたいと考えております。今後もサポータスさんのサポートに期待しております。
導入デバイス
  • FileMaker Pro 18(事務所デスクトップ、ラップトップ)
  • iPad 6台(印刷部門4台、スリット・検品部門 2台)
  • ラベルプリンター 3台(事務所1台、印刷部門1台、スリット・検品部門 1台)

業務効率化でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00〜18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
業務効率化を解決する資料を
こちらからダウンロードできます。
Claris Partner PLATINUM
Claris パートナーの中でも最上位のPLATINUMレベルメンバーとして、Claris FileMaker を活用したソリューションを提供いたします。
FileMaker 、ファイルメーカー、 FileMaker Cloud 、 FileMaker Go およびファイルフォルダロゴは、
Claris International Inc. (旧 FileMaker, Inc.)の米国および/またはその他の国における登録商標です。
ページトップへ